世界は今


2018年4月16~19日まで マレーシア クアラルンプールで
DEFENCE SERVICES ASIA<DSA>が開催されました。

今年で30回を迎えるという展示会場には、軍服を着た人が多く見受けられました。
展示されている物はアメリカ、カナダ、フランス、ドイツなど27カ国から商談のために持ち込まれたものです。
1995年1月に発生した阪神・淡路大震災の数日後、物々しい雰囲気の装甲車が被害の激しい被災地に向かって国道を通り過ぎるのを目撃致しました。
初めて見る一般道を走行する装甲車の列を、ある種の頼もしさと緊急事態だという実感と緊張感をもって暫く見送りました。
アジアの一角で開催されている展示会をとおして、その先に何が、どんな世界が見えるでしょうか。